全ての国が法治国家であると考えない方が良い

法律

全ての国が法治国家であると考えない方が良い

世界には多くの国がありそれぞれ独自の文化を形成していますが、異なるのは文化だけではなく法律に関しても国によりかなり違います。
民主主義国家と中国やキューバのような社会主義国家、北朝鮮のような独裁国家では法律の内容は大きく異なり、その違いに思わず驚いてしまうほどです。
それだけの違いがあるのですから他の国に移住する場合にはかなり気を付ける必要があり、特に日本のように人権が当たり前のように尊重されている国から社会主義国に移住をする時には相当の覚悟が必要です。
日本は法治国家でありそれに沿って国家が運営されていますが、日本を基準にして考えてどこの国も同じだと思って行動すると飛んでもない事態に巻き込まれることもあります。
中には人権が軽んじられている国も沢山ある日本では常識のように考えられていることが平然と無視される場合もあるので、特に社会主義国などに行く場合にはその点に注意して何を気を付けるべきかよく考えてから渡航をした方が良いです。

優秀な税理士をお探しなら名古屋市中区のこの人がオススメ!

取説、マニュアル、ヘルプなどに対応

受講料が安いISO内部監査・ISOコンサル講座

最新記事